インターナショナルスクールに通わせてるだけで、なぜ教育熱心と思われてしまうのか?

インターナショナルプリスクールに通わせてるだけで、教育熱心、塾ばかり通わせて一日の大半は机で過ごし外遊びしないイメージをもたれ、遊ぶとしたらゲームと思われることについて、なんて単純な発想なのだろうと呆れてしまう。実際子供の評価=自分の評価と受け止めインターナショナルに通わせる親もいるだろう。

そもそも「教育熱心」をどう捉えるかにもよるわけで一昔前の人は塾、進学、高学歴学力を連像しがち。あ、一昔とか言っちゃってすみません(笑)今は教育=学力だけではなく、コミュニケーン適応能力も求められ現在は高学歴でも企業が求める人材でなければ就職できずバイト生活なんてあるある話。

仕事上、幼少期から遡って人となりを観察してつくづく思うのですが、幼少期にいかに考える場面を与えられてきたかが重要で、考える前に親が答えをもぎ取って与えてしまったり、危ないからと触らず体験せず過ごしてしまうと「考える力」「振り返る力」がどうしても弱い。そして協調性も弱かったりする。しかもそう言う親によって「うちの子は何回言っても分からない、どうしてこんなに理解力がないんだろう?」と言う。いやオメーが原因だろ?と思うがそこは黙ってシー!(笑)あと、こんな親も多いですね。「うちの子、落ち着きがないの、集中力ないの」と言う家に限って一日十テレビつけっぱなしで本よりテレビゲーム。ゲームが悪いと言いませんけどね、やりすぎはどうなんでしょうね。

だいぶ話がそれて愚痴になってしまいましたが、まあそう言う意味もあってインターナショナルに入園させてるのに周りは勉強ばかりさせてると思っている。なんて視野が狭いのでしょう。。。

インターでなくても考える力は学べる。確かにね。でもね、インターの先生達て元々、小さい頃から考えること、自分の意見を主張することが当然の国で育ってて生活や考え方のベースもスタートも違う。そのベースで生きてこなかった人が「さあこれからやりましょう」と言っても、できないこともないけど、やっぱり違うんですよね。色々ね。

じゃあインター卒だと、考える力が他の子に比べ育つのか?と言う部分に触れてみるとそうでもない。その環境にあるのは良いが結局は親の影響が大きいから。そして、私の周りだけかもしれないけど、インター卒はお受験に落ちる。いやこれ、たまたまかもしれないけど。もちろん合格してる子もいるけど少ない。学力メインならインターナショナルを選ぶなと言いたいところですが結局はどこに行っても親のフォローと元々のIQ環境によるのでしょうね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク