病棟ではできない、訪問看護の特権!

訪問看護は病棟、外来勤務と違い移動時間と言う自由がある。もちろんステーションにより許可されてる範囲は違うでしょけど、訪問看護をしている友人の話を聞く限り、だいたいなんでもOK。一番訪問看護の特権と思うのが出先でのランチ。遠出の時は前日から食べログで検索しまくる。で訪問時間と来店できる時間の計画をたてて予約を・・と言いたいところですが予約とか絶対無理!訪問時間どおりに終わるわけでもなく予定は未定なのが訪問看護。なのでいつも目的のお店に来店できたらラッキー。だいたい忙しくてやっぱり行けなかったが大半。それでもちょっとした合間を使って子供用日を購入したり「ついでに」のチャンスが非常に多く、わざわざ休日買い物に出掛けることは少なく、支払いや郵送もちゃっちゃと済ませることができる。でもそれは訪問看護の仕事になれて地図に詳しくショップを把握してるからできること。あくまで初心者には厳しい話。ものすごく訪問スケジュールがうまくいったらファミレスで記録しながらご飯が食べれるようになります。訪問看護ステーションが自転車移動、車移動、どちらの手段をとってるかにもよると思いますが。車だとパーキングを見つける必要があるので、ちょっとそこまで、と言うのが出来ないかもしれませんね。

で、どんな物食べてるのか?よーく考えたとき、やっぱり質より早く提供してくれる食堂で適当な定食、もしくは弁当テイクアウトしている。これまで一番お世話になったのは「松屋」早い、美味い、安い!!結局、お昼休憩なく早く食べて次の訪問に行かなければならないのが現実で休憩できるかどうか、その日によるのが訪問看護。松屋は休憩と言うよりエネルギーチャージ。生姜大好きなので大盛り(笑)↓↓

話が脱線してしまいましたが、病棟看護師に出来なくて訪問看護師にできることは、ちょっとした楽しみを見つけ、ちょっとした用事を済ませることができる。地域の情報、ショップなどに詳しくなる。くらいですかね。私は、食いしん坊なので、色んなお店のご飯が食べれるのが楽しくて仕方がないです(笑)

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク