ネットでETS 手術後の体験談が思ったより少ないので書いてみました。

ネットでETS 術後の体験談が思ったより少ないので書いてみることにしました。

術後の副反応として手の汗は止まっても全身から汗が出て生活に支障が出ることは書かれてるのですが具体的な事例がかなり少ないですね。なので、どの程度生活が困難になるのか書いてみることにしました。ちなみにT2を遮断してるとかT4を遮断してるとか、そこまで細かいことは私にはわかりません。私も20年前にETS術を受けているのですが、すでにカルテも存在しないし残念なことに、どこを遮断したか覚えてないです。でも1つ言えることは、私より代償性発汗がひどい人に会ったことはないです。もともと遮断前も鉛筆から汗が下だり落ちるほどの局所性多汗と全身性を兼ね備えた異常な発汗だったので。これから遮断しようか迷われてる方の判断材料になればと思います。

ではでは、まず遮断してどれくらい代償性発汗があるか?と言う話ですが外気に大きく左右されますが、基本的に真冬でも緊張したりすると大量の汗が手や頭部以外から出ます。夏は30分おきの着替えが必要なのでいっそのこと裸で過ごしてタオルで拭き取りしてる方がましです(笑)ソファーには座れないし、座布団もだめ。畳も座ると汗で痛むので、基本は起立で生活か、座ったとしても布がないタイプの椅子しか無理です。
なので今、学生でこれから就職活がある方は制服のある仕事や外での仕事は無理だと思います。就労中に何度も着替えが許される職場ならアリかもしれませんが仕事に集中できないと思います。そもそもそんな職場あります?
さて言ってもどれくらいの汗量なのかわかりずらいと思うので写真に撮ってみました。
1枚目は着替えて3分後。

2枚目は着替えて10分後です。

2枚目は絞るとジャーと汗が出ます。しっとり程度ではありません。分かります?着替えるだけ無駄だと思ってしまう気持ち(笑)夏は、夏祭りにも行けません。行ってもいいけど吸収オーバーした服から汗が滴り落ちるので全く楽しめないし精神的に病むだけ。浴衣いいなと見るだけです。

でもプールや海は全力で楽しめます。そしてプールと海以外、快適に過ごせるところはありません。夏は着れない服があったりイベント参加できなかったり行動制限が多く6月~9月はストレスを浴び続けるので、その時期は諦めて夏眠し秋~春に猛烈に仕事してお金を貯めて、夏前にヘアサロンに行って髪切ったり夏籠る準備をします。私はそんな都合の良い職場を獲得することにただならぬ苦労をしました。自宅でできる仕事を選べたらそれにこしたことはないかもしれません。

ETS術後、全員がこうなるわけではなく遮断場所によっては代償も少ないようです。 ただ私のような生活になる場合もあるのでよく考えて手術を受けた方が良いですと言いたいところですが、手に汗をかくと今の時代スマホ、タブレット、PC操作が厳しく、それこそ仕事選べなくなると思うので遮断以外の選択て難しいですよね。私は看護師とメイクアップアーテイストとして活動してますが遮断しなければ絶対に出来なかった仕事だと思っています。でも術後、生活しやすくなりましたか?と聞かれたら答えは「NO!」です。冬以外の生活は成り立ちませんから。そして、たまに汗疹大丈夫なの?と言う質問を受けますが「はい大丈夫です」汗疹ができる余裕なんてないです。流れ続けてるので(笑)水もどれくらい飲むのかよく聞かれますが最低でも4Lは必要になります。水中毒とか血中濃度とか多飲によるリスクは私に全く通用しません。一番恐れているのは自然災害にあったとき避難所で人より多く水分が必要ことを理解してもらえず獲得できないかもしいれないことです。障がい者手帳とか持てたらいいんですけどね・・・。

水を沢山飲むと熱中症なりにくいのでは?と思われるのですが、これもまた誤解で体温調節機能が正常に働いていないので水を沢山飲んで発汗しまくってても一般に方に比べ熱中症リスクは高いと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク