あいりん総合センター閉鎖抗議の翌日

閉鎖は本来3月末で、その前から告知は十分にあった。閉鎖前から反対運動はあったが4月24日シャッターを完全に閉鎖する作業があるとは知らず翌日の朝ネットニュースで知った。労働者の座り込みがあったようだが歴史的瞬間を見逃したのはかなり残念だった。「言ってくれれば行ったのに・・」と思った矢先、またやってるよと連絡もらい行ってみることに・・・

スポンサーリンク




こんな感じ↓↓

おおー!本当にざわついてる。太鼓片手に挑発してるのか威嚇してるのか、本当に煙草を押し付けようとしている人もいたりで、ん~やっぱり危険。あいりんの象徴でもあるセンターの歴史は影響が大きく閉鎖に反対する人の気持ちもわからんでもない。ただ単に野宿する人の居場所がなくなると言う単純な問題ではないから。そもそも野宿かなり減ったし。

数十年前の暴動で投石していたおっちゃんらが、今では老いて投石する体力も気力もなくなっている。それでも家から出てきて石は投げないけど抗議する理由がそこにはある。その理由を文章にしようと思ったら朝になるからしない(笑)また時間あるとき書きます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする