地震がきたとき看護師として全く活動できず、葛藤だけが独り歩きして役立たず。

2018/6/18、大阪北部を震源地とする震度6弱の地震がおきました。時間が7時58分と言うこともあり通勤時間、もしくは通勤前と言う状況で皆が活動している時間でした。私は下の子をスクールバスに乗せ、上の子と一緒に家を出ようとしている瞬間であり、いつもならエレベーターに乗っていたかもしれないところだった。バッグを持って「早く行くよ」と言ってるところにガタガタと揺れ、同時にスマホの災害アラームが鳴り、異変に気づいた子供は駆け寄り「怖い!!!」と、しがみつく。時計や高い所にある物が落下し揺れが増してもどうすることもできず揺れがおさまっても、まだ揺れてる気がしてただ子供と一緒に呆然とした。

大丈夫と確信してすぐ「下の子は?」と気づきバスに電話するも当然つながらない。バスだから大丈夫だろうとそこまで心配はすることはなく身内に安否を知らせる。固定電話は比較的つながりやすくラインも正常にコンタクトが取れる。しかし小学校の対応を待ってみても連絡はなく・・・どうなってるのか友達に確認すると、とっくに待機の連絡が来ている。学校に連絡すると緊急時メール登録のプリント配布がうまくできてなかったことが判明。どうしようもないため友達からタイムリーで転送してもらい2時間目から授業再開、下校は集団と知る。市長は全校休校の指示を出していたが11時の段階であり、学校での判断で登校、休校が別れた大阪府。下の子を保育園まで迎えに行くと既に避難所で待機していた。他園も避難しており、他園の保育士が子供さておきスマホをいじっていたことに驚き下の子を預けている保育園のスタッフはスマホを見るでもなく的確な対応をしていることに関心した。

子供の安否と学校、保育園の対応を把握してやっと職場に連絡。ライフラインが停止し勤務予定のスタッフが1/3しか出勤できない状況だったので、短時間でも行きますと管理者に伝えるもリスクが大きいからと自宅待機と言われてしまう。子供がいない、もしくは成人し支障がないスタッフだけが即戦力として使える。看護師が必要な時に不足すると言う事態が他の病院でも起こり同様の混乱をまねいたようだ。タイムラインで続々と安否確認の情報が上がっていくのを見て自宅待機以外何もできないことに苛立ちながらも「子供置いて行けない」と思う自分と1日中葛藤。唯一、電話だけ対応が可能だったので「電車が運休し困っている」「帰宅ルートを教えて欲しい」などの相談にはのることができたが精神的なサポート以外の医療行為はできず。でも、よく考えてみると、もし目の前で医療行為が必要になったとき私は的確に動けるだろうか?もし道具がない、薬もない、同期もいないと言う状況だったら私は的確な判断ができるだろうか?と恐くなった。安否確認をしている先で救急要請が必要な場面に出会ってしまったら?震災中に救急搬送なんか呼んでもすぐ来ないし、その間どうする・・・指示を出してくれる医師がいなかったら私何する?と考えているだけでメンタル崩壊しそうな私て・・・看護師として「いる?」。

同期のスタッフが安否確認、医療器具、在宅酸素、ボンベ手配、薬や、受診調整などドラマ並に動きまくってるとき、たくましく自宅待機できない私。もし余震や本震で避難命令が出たとして避難所で医療行為が必要になったとき私は看護師であることを周りに言えるのだろうか?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク