インターナショナルプリスクール卒業後の進路とアフターフォローは

インターナショナルプリスクール卒業後の進路、アフターフォローについて・・・

やっと今頃になって英語教育に力を入れだした日本。恐ろしい程に後れをとってたわけですが国が「英語英語英語」と言い出したことによりインターナショナルプリスクール、インターナショナルスクールへの入学を検討される家庭も増えてきました。

それでも経済的に限られた人のみと言うイメージですが、少々無理してでも入園させてる家庭もあります。しかし、入園させたところで継続しなければ英語力は怒涛のごとく落ちていき、あんなにお金をかけて習得したのに・・と水の泡状態となります。

そこでインターナショナルプリスクール卒業後、皆はどやって英語力を維持しているのか実体験をもとに紹介します。 子供が通っていたスクールで圧倒的に多かったのは

スポンサーリンク




「卒園したプリスクールのアフタークラスへ通う」

この選択が多かった理由は慣れた場所で知ってる先生で卒園後もお友達に会えて子供が喜ぶ。そして兄弟を通わせていると割引もあると言うメリットだらけの環境だからです。ただ割引があるかないかはスクールによりけり。英語よりも「お友達に会わせるため」と言う親御さんもいらっしゃいました。でもスクールの特色により卒業したスクール生が全く集まらず外部を積極的に集めているスクールもあるようなので必ず在籍していたアフタースクールが良いとは限りません。

次に多かったのが

「他のアフタースクールへ通う」

これは私の実体験ですが、通っていたスクールのアフターに通わせたところ英語力がみるみる落ちて行きました。環境が同じなのに何故?と言う壁にぶち当たり気づいたのは通っていたスクールでもカリキュラムや授業の内容の濃さが違う。そして一番の原因は同級生が小学生になりに日本語が堪能になってスクール内で日本語が飛び交うようになった。これです!なので私はアフタースクールを他校へ変えることにしました。編入する頃には送り迎えに挫折する方や子供が嫌がるようになったなど様々な理由で退園が多かったです。アフタースクール1年目は小学1年生と言うこともあり生活リズムもとりにくいのでよくある話だと思います。
結局、色んなところへ体験に行き、英語以外は禁止と一見厳しいようなアフタースクールへ編入しましたが結果、カリキュラムの充実と方向性がしっかりしており子供が同じ目的へ進むと言うブレのなさから毎回楽しみに通っています。

「アフタースクールの注意点」

アフタースクールは基本的に1日2時間半、長くても3時間半です。なので週1回では英語力を維持するには無理があり最低でも週2回と言われています。なので仕事をしているママにとっては送り迎えが困難になり、可能であっても就労時間を短縮しなければなりません。また中途半端な2時間半をどう使おうか悩まれる方もおり親が挫折しそうになります。兄弟がおられる方は時間調整が難しく途中で退園される方もいます。またレベル分けをせず一括で授業を行うところもあり、そうなると英語力に差が出て能力は維持できても向上は見込めません。

3番目に多かったのは

「サタデースクールへ通う」

サタデースクールだと兄弟がいる場合時間調整が不要です。またアフターのようにご飯の時間を考える必要がなく、もし朝から夕方までのロングコースを希望する場合、弁当を持たせたらいいだけです。デメリットは子供の休日が減るくらいでそれほど困ることはありませんが最大のデメリットは小学校の土曜授業は休まないといけないと言うことです。週1回のサタデースクールを休むと2週間英語と触れる日が無くなると言うことです。英語教育に熱心な方なら分かると思いますが、かなりリスクは高いです。なので私の友達は小学校を休ませてサタデーに通わせてましたw

最後に

「公文などの一般塾+オンライン英会話で能力を維持する」

これは賢明ではないと思います。公文を選んでる人も多くいますが、あくまでライティングでプリスクールレベルのヒヤリングを維持するのは無理です。学校のテストでは点数取れると思いますが実際、海外で会話できるかと言うとNOです。オンライン英会話も人見知りせずどんどん会話できる子供だと問題ないでしょう。しかし人見知りや講師と相性が合わないとなるとただ画面見つめて終わりです。オンライン英会話は格安で送り迎えもなくお手軽ですがプリスクール卒業後の小学生には現実的ではないと思います。アフター&サタデーと併用するには便利でしょう。

まとめ

「これが一番英語力維持できますよ」なんてありません。てっとり早いのはプリスクールからインターナショナルスクールへ入学させるか英語で授業を行う私立に通わせるかです。しかし皆がお金があるわけではなく公立の小学生へ通わせたい方もいらっしゃいます。なので子供の性格、向き不向、親の送り迎え事情や家庭環境を考え沢山情報収集し、沢山体験すること!これが一番大事だと思います。行ってみたら全然違ったなんてザラですからね。最後にアフタースクール、サタデースクールだけを考えずサマースクールに対応しているか?入学金、教材費の有無も確認して検討してみてくださいね。

英語力と言っても会話重視、英検対策など何を維持したいかによって選択も変わりますので英語教育に何を求めるか方向を定めてから動くことをおススメします。じゃないと子供もブレて英語が楽しくなくなります。どちらにしても親の努力は必要不可欠です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする